とおわから

2016.10.6

驚きの特大栗「1粒73g」の栗が入荷しました!

驚きの大きさが特徴の高知県四万十産の“栗”。
通常の平均は18g に対し、四万十の栗の平均は「1 粒25g」!
例年を上回る大きさの「超特選」栗が日々出荷される今年、
「1 粒73g」の栗が入荷しました!
そして、全国トップクラスの大きさ73g の「しまんと地栗」を
道の駅内「とおわ市場」にて展示しております!

左:特選73g 右:一般的18g

左:特選73g 右:一般的18g

 

■栗の産地「高知県四万十町」

森林率93%を占める四万十町では山が1次産業のフィールドとなり、
栗も急傾斜地で栽培されています。
そのため、しっかりと太陽を浴び、大きく実る「しまんと地栗」。
昼夜の気温差が大きいという地域性も加わり、
驚きの大きさと甘さを誇る特徴をもたらしています。

生産現場(栗)

 

■日本を代表する生産技術による高品質化

日本屈指の技術を誇る栗生産者の活動
栗の名産地である岐阜県恵那市にて栗の栽培技術を磨かれた
伊藤直哉さん(栗のなりわい総合研究社 代表)。
2年前から四万十にて栗を栽培している、日本を代表する栗の生産者です。
培った研究と熟練された技術によって、完全無農薬で栗を栽培し、
さらに近隣農家さんへの栽培指導を行っています。

栗

「価値」になる高品質な栗づくり
伊藤さんの栽培する栗の特徴は「大きくて上質である」。
通常の廃棄率は50%に対し、伊藤氏は15%以下になります。
その理由は、大きな栗が育つように栽培することにより、
商品にはならない小さな栗はほぼできないからです。
さらに虫が入らないよう、また病気にならない栽培方法によって、
廃棄となる栗を少なく抑え、商品となる栗を多く残します。
そのため、選果の時間を短縮でき、
価格として価値になる「特選」の栗を出荷することができます。
このように、「生産者」にとっても好都合な栽培によって栗づくりを行っています。

■「地域に人が暮らしていける仕組み」を栗でつくる

イガ付き栗

伊藤さんはこの技術を地域の生産者へ伝えることにより、
「栗で暮らせるまちづくり」を目指しています。
1次産業が衰退し、人口減少が進む四万十町にて、
「安定的高収益」産業として栗の生産を構築し、
地域に「仕事」と「ひと」を残すモデル作りをされています。
四万十町の栗の栽培に適した好環境と、
高い技術によって次世代に繋がる地域資源と人々の「誇り」を醸成させています。

*****
とおわ市場
[営業時間]8:30~17:00

 

 

73g栗展示

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かつまた

かつまた

 

〒786-0535 高知県高岡郡四万十町十和川口62-9電話 0880-28-5421 FAX 0880-28-4875

道の駅四万十とおわ
  • twitter
  • Facebook