とおわから

2016.09.16

【秋限定メニュー】旬の宝庫「秋のとおわかご膳」登場!

季節が映る食堂「とおわ食堂」。
そんな食堂名物“四万十の風景を食べる”
「かご膳」の秋バージョンが登場!
四万十の秋の幸をお楽しみください!

 

秋限定メニュー「秋のとおわかご膳」登場!

秋のとおわかご膳

“四万十の風景を食べる”とおわかご膳。
四万十川流域でとれるこだわりの食材をかごの中に盛り込んでいます。
季節によって内容が変わるかご膳ですが、
秋の食材が凝縮した秋バージョンが登場!

なんといっても四万十の秋は“栗”!
今年の新栗を使った栗ごはんをお召し上がりいただけます!
私もさっそく食べてみましたが、
ホクホクな栗の素朴な味にほっこり。
他にも、厨房スタッフが心を込めた手づくりお料理が凝縮しています!

四万十の自然豊かな風景をご覧いただきながら、
目の前に広がる四万十の幸をご堪能ください。

イガ付き栗

 

 

▽「秋のとおわかご膳」内容
◆四万十鶏とさつま芋の甘辛煮
四万十鶏のモモ肉を旬の野菜であるさつま芋と甘辛く煮ました。

◆四万十ポークと彩野菜の味噌炒め
四万十町のブランド豚「四万十ポーク」を、四万十で作っている味噌「小町味噌」をベースにしたオリジナル味噌で炒めました。
四万十ポークの甘さと小町味噌の旨味がよくあう一品。

◆かぼちゃコロッケ
旬の野菜であるかぼちゃを使った手作りコロッケ。1つ1つ厨房スタッフが手作りしています。
◆茶碗蒸し
四万十町産「高原卵」を使用した手作りの茶碗蒸しです。

◆燻製かつおとリュウキュウの炒め物
ハスイモの茎のことを高知ではリュウキュウと呼びます。
燻製にした鰹(生節)と一緒に炒めた高知の郷土料理です。

◆原木椎茸のたたき
十和は生産量日本一にもなった程の椎茸どころ。
肉厚でぷりぷりの原木椎茸を揚げて、ポン酢をつけています。

◆栗ご飯
四万十でとれた栗を100%使用。
お米ももちろん四万十産です。
栗と塩のみで作っているので、栗本来の甘みをお楽しみください。

◆味噌汁
鰹節、昆布で丁寧にダシをとり、地元「小町味噌」を使用した味噌汁。
小町味噌はとおわ市場でも販売中。

◆季節のフルーツ

*****
とおわ食堂
【営業時間】
モーニング 9:00~10:30
ランチ 11:00~16:00(L.O.15:30)

【定休日】
水曜日、最終日曜日

s_IMG_1046

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かつまた

かつまた

 

〒786-0535 高知県高岡郡四万十町十和川口62-9電話 0880-28-5421 FAX 0880-28-4875

道の駅四万十とおわ
  • twitter
  • Facebook