とおわから

2015.02.22

十和錦生みの親、上山チドリばぁちゃん。同じ誕生日のかりやが紹介する「ばぁちゃんってこんな人」

2702sake_blog

こんにちは。
けん玉担当、かりやです。

まもなく!
あの、かおり米「十和錦」のお酒が完成します!
十和錦酒完成を記念して、今日は十和錦について少々。。。

十和錦を知っていますか?

皆さん、そもそも「十和錦」という米をご存知でしょうか?
「かおり米」というと分かりやすいでしょう。
十和錦は、旧十和村(現在は四万十町)でたまたま発見された、かおり米です。

かおり米は便利な小袋タイプもあります。

かおり米は便利な小袋タイプもあります。

黄金錦から突然変異で生まれた十和錦

四万十川中流域の四万十町で、約50年前に「黄金錦」というお米が栽培されていました。
その「黄金錦」の中に突然、背丈が高く、 他とは違ったお米が収穫されました。
食べてみたところ香りがよく、美味しいと評判になり、その種をとり町内の各農家が栽培するようになったのがこの「十和錦」というお米の始まりです。

▽通販ページでかおり米「十和錦」の紹介しています

十和錦を発見したチドリばぁちゃん

この背丈が高い、のちに十和錦になる米を発見し育てたのが上山ご夫婦なんです。
今日は十和錦の話題の中でも、このご夫婦である上山チドリばぁちゃんのことをお話したいと思います。
このチドリばぁちゃんは、ほんとすごいばぁちゃんなんです。

なんでも自分でつくる。米、栗、お茶はもちろん、野菜、家具、服、調味料・・・

チドリばぁちゃんです

チドリばぁちゃんです

チドリばぁちゃんは、もう80歳を超えています。
「昔に比べると大変になってきた」と言ってますが、まだまだ元気。
記憶力もすごくて、「よくそんなこと覚えちゅうね!」っていうことまで覚えています。笑

また、料理はもちろん自分でもしますが、その料理に使う野菜、服、調味料である味噌も全部自分でつくってしまいます。
どんなものをつくっているかというと。。。。

baatyan10

baatyan11

十和錦100%で、羽釜でご飯!
しかも、かまど!
チドリばぁちゃんが、かまどで炊いた十和錦を食べましたが、超うまかったです!

baatyan1

ザルの接合部分の針金のほつれを直してました。
なんて細かい作業を。。。

baatyan12

甘酒!

baatyan6

これもチドリばぁちゃんがつくった服です!

baatyan3

以前のブログでもご紹介したKAMIYAMAモデル

これめっちゃ欲しかった。
もっとダダこねたらよかった。。。笑

baatyan7

ミシンもまだ現役。
この作業部屋からの景色が素適。
茶畑があって、栗があって。
写真には写ってないけど、田んぼがあって、谷もあります。

チドリばぁちゃんがつくる味噌がめっちゃうまい。びびる。

baatyan9

チドリばぁちゃん=十和錦と結びつきやすいですが、ばぁちゃんは十和錦だけじゃないんです。
お茶や栗の生産においても、それらを称える表彰状が家にはたくさんあります。

でもでも!
僕たちのまわりで「チドリばぁちゃんと言えばこれ!」というものがあります。
それは、『味噌』。
これが、超うまい。

チドリばぁちゃんがつくった味噌だけで、ご飯3杯はいけます。
この味噌と、十和錦100%の白飯があれば、最強です。
無敵です。
チドリばぁちゃんから味噌をよくもらいますが、味噌汁にはもったいなくて使いません。
たぶんこの味噌のおいしさは、チドリばぁちゃんが何十年もつくりつづけた味噌の部屋にいる菌のおかげかと。
あの味噌部屋に入ると、なんか神聖さを感じるのは僕だけでしょうか?

僕と同じ12月13日生まれ

そうなんです。
僕とチドリばぁちゃんは同じ12月13日が誕生日。
(あっ、ちなみに僕の祖母も12月13日生まれなんですよ、すごいでしょ)
これは運命を感じましたね。
それからというもの、僕のばぁちゃんを呼ぶ呼び方が、「上山さん」から「チドリばぁちゃん」になりました。笑
チドリばぁちゃんは、僕の呼び方が「道の駅の人」から「かりやさん」になりました。笑

チドリばぁちゃんは、僕の十和のばぁちゃんです。

チドリばぁちゃんは、僕の十和のばぁちゃんです。

チドリばぁちゃんと誕生日を一緒に祝ってみた

いつも会うたびに
「今年は一緒に誕生日を祝おうね」
ってチドリばぁちゃんと言ってましたが、なかなか実現しない年を送っていました。
が!
去年2014年の12月。
とうとう一緒に誕生日祝いをすることができました。
ちょうど生まれて4ヶ月の愛娘と嫁と3人でチドリばぁちゃん家にいってお祝いをしました。
「地元の人じゃない人に誕生日を家で祝ってもらったのは初めてやないろうかねぇ」
と言ってもらったのがすごく嬉しかったのを鮮明に覚えています。
来年も一緒にお祝いをしようねと約束をしたのでした。

あぁ。
僕の心のレンズには鮮明な写真がうつっているのに、みなさんにそのときの素適な風景を伝えれないのが残念です。
・・・次からは、写真、とろう。泣

少し若かりし頃のチドリばぁちゃん。かっこいい。

少し若かりし頃のチドリばぁちゃん。かっこいい。

十和錦を食べるとき、チドリばぁちゃんのことを思い出しながら食べると、もっとおいしいお米になるかもしれません。
ついでに、僕のことも思い出してみますか?笑

▽かおり米「十和錦」の購入はこちら

かりや

かりや

 

〒786-0535 高知県高岡郡四万十町十和川口62-9電話 0880-28-5421 FAX 0880-28-4875

道の駅四万十とおわ
  • twitter
  • Facebook