とおわから

2015.01.6

[観光]車で2時間かけて通うほど人気の「おかみさん市バイキング」

あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いします。
けん玉担当のかりやです。

道の駅「四万十とおわ」では、毎週水曜日に「十和おかみさん市」がバイキングを行っています。

高知市内から車で2時間かけて通うファンがいるほど、リピーター続出の人気のバイキングです。

地元のおばちゃんたちが郷土料理を振る舞います

地元の素材をつかった郷土料理を地元のおばちゃんが作ります。
しかも、週替わりで地域ごとにバイキングを振る舞うので、日によって味やメニューに特徴がでるのがおもしろいところ。
例えば、集落ごとの味噌を使った味噌汁、野菜が豊富な地域はサラダの彩りがきれいです。

おばちゃんたちの会社が運営しています

このおかみさん市は、実は株式会社。
社員はみんな十和のおばちゃんたち(おばぁちゃんたち?お姉さまたち?)で、社長も地元のおばちゃん。
そんなおばちゃんたちが、スーパーにイベント販売いったり、ISO14001という安心安全な野菜づくりをしています。
とにかくすごいパワーを持っているおばちゃん集団です。
IMG_5816s
「おばちゃん、年いくつかねぇ?」
「もうそんなん恥ずかしいき、聞かんといて!今年で80歳よー」
「・・・えっ、全然見えない!若すぎでしょ!」
みたいなことがよくあります。笑

冬限定で、日曜日に臨時開催します!

このおかみさん市のバイキングは毎週水曜日のみの開催。
そのため、「平日は仕事で行けないんだよね」「土日にやってほしいなぁ」というお客さんの声をよく聞いてました。。。
そこで!
11~2月の冬期限定で、毎月最終日曜日にバイキングを行うことにしました!
しかも!
おかみさん市だけでなくとおわ食堂がコラボしたバイキングなので、品数も多く、料理の種類も特別仕様です!(その分、値段は1000円→1200円と若干高めです)

コラボバイキングではこんなん食べられます

そんなコラボバイキングのメニューを一挙にご紹介していきたいと思います!
椎茸のたたき
siitaketataki
椎茸を片栗粉にまぶし揚げてポン酢をかけるだけ。十和のソウルフード、かつバイキングの不動の人気ナンバーワンの料理です。十和は昔、椎茸の生産量が日本一になったほどの椎茸どころです。おいしさの秘密はポン酢のタレの調合と、椎茸自体のうまさ。十和の椎茸は、菌床栽培ではなく、すべて原木栽培。時間をかけてゆっくりと育てる原木栽培だからこそ、ぷりぷりの食感なんです。高知県は鰹のたたきだけじゃない!

野菜のかき揚げ
kakiage
こちらもバイキングでは定番&大人気メニュー!野菜だけのかきあげ。季節によって入れる野菜は違ってきますが、この日は、人参葉、人参、玉葱、かぼちゃでした。

野菜のサラダ
sarada
見よこの彩りを!笑 鮮やかな紅色は、紅大根です。

スライストマト
tomatosuraisu

里芋の煮物、大根の煮物
daikonsatoimonimono
里芋と大根、両方とも旬ですね。おかあさんの味って感じでした。

大根なます
daikonnnamasu
旬の大根をなますにしました。なます嫌いな人多いですが、僕、なます大好きなんですよね。

四万十ポークの酢豚
subuta
ブランド豚の「四万十ポーク」で作った、酢豚です。四万十川源流域の自然豊かな環境で育った四万十ポークは女性に優しい低カロリー、高タンパク、さらにミネラルや鉄分をたっぷりと含んでいます。

四万十鶏の天ぷら
toritenn
こちらもブランド鶏の「四万十鶏」を使い、とり天にしました。唐揚げよりも天ぷらのほうが、衣のサクサク感が楽しめ、やわらかくジューシーな四万十鶏を楽しめます。このとり天と相性抜群なのが、四万十ゆず使用の「ゆず甘酢」です!JA高知はたさんが、四万十市にある地元の醤油屋さん「マルバン醤油」さんと共同開発した商品。瓶に半分ぐらいはゆず皮が入っており、今までにない感じの調味料です!

椎茸の炊き込みご飯
siitaketakikomi
椎茸のダシがでておりました。冬の炊込みご飯です。

四万十ブレンド米(四万十町産)
・・・写真とり忘れてました。すんません。まぁ、見た目は・・・白ご飯そのものです。笑 ただ香りはすごく良いですよ!今回ブレンドさせて頂いた米は、もちろんすべて四万十町産で、伊賀富一郎さんのヒノヒカリ、伊藤生希さんのニコマル、河野幸良さんの仁井田米です。

和風きのこパスタ
kinokopasuta
きのこが旬の12月ならではのメニューですね。前回初めて出したメニューでもあります。

四万十ポークの豚汁
tonnziru
寒い冬に「豚汁」と聞くだけで、間違いようのないメニューだと、僕は自負しております。笑 地元のお味噌「小町味噌」と白味噌を合わせた、四万十ポークのダシがよくでた豚汁です。普段のとおわ食堂の味噌汁も、この小町味噌を使っています。

とおわ食堂特製カレー
kare
普段のとおわ食堂にもカレーメニューがありますが、ファンがとっても多いんです。スパイシーなカレーではなく、よくお客さんに「なつかしい味だね」と言ってもらう、田舎っぽいカレーです。

とおわ食堂特製シチュー
sityu
寒い冬に「シチュー」と聞くだけで、間違いようのないメニューだと、僕は確信しております。笑 コラボバイキングでは新メニューでしたが、大人気でした。

地元おかみさんの漬物
DSC_0050
・・・また写真をとり忘れておりました。泣 なので、11月のコラボバイキングのときの漬物をUPしておきます。このときの漬物は、瓜の奈良漬、生姜の酢漬け、大根の漬物でした。

おかみさん手作り寒天
kanntenn
この日のデザートは、寒天でした。黒いのがコーヒー寒天、ピンクっぽいのが果物寒天です。ちなみに、赤い小さな具が入ってますが、これは紅大根なんですよ。

いかがでしたか!?
季節によって採れる野菜が変わってくるので、バイキングのメニュー内容が変わってきます。
次回のコラボバイキングは、1月25日(日)!
ちなみにおかみさん市バイキングは毎週水曜日開催しているので、逆に水曜日が仕事休みという方は是非!(大人1000円、小人500円、時間は11:00~14:00です)

【コラボバイキング2014年度の開催日】
2015年1月25日(日)
2015年2月22日(日)

【時間】
モーニング 8:30~10:00(LO9:30)
バイキング 11:00~15:30(LO15:00)

【料金】
中学生以上 1,200円
小学生以下 600円
3歳未満 無料

▽とおわ食堂のこと
通常はうな丼や定食などのメニューが食べれるとおわ食堂

かりや

かりや

 

〒786-0535 高知県高岡郡四万十町十和川口62-9電話 0880-28-5421 FAX 0880-28-4875

道の駅四万十とおわ
  • twitter
  • Facebook